前へ
次へ

一円銀貨があるなら古銭買取で査定がいい

一円を笑うものは一円に泣くとのことわざがあります。
元々は一円の部分が一銭だったようで、意味としては非常に小さい価値のものでも実は大切なのでそれを忘れないようになるでしょう。
道端に一円玉が落ちていてもだれも見向きもせずに踏みつけられています。
その一方で千円のものを買おうとして999円しか持っていなければ一円足りないだけですが買うことはできません。
一円だからと軽く見るのではなく、大事に扱うことを考えなければいけません。
一円と言えば現在日本で発行されている貨幣で最も小さい価値になり、今発行されているものは主に原料がアルミニウムです。
一円玉なのに原料や製造などを含めたコストは数円以上かかるとされているので、これも他の硬貨と異なる点と言えそうです。
では昔から一円は同じような材質で同じ価値だったかですがそうではありません。
古銭買取においても一円玉の買取りをしてくれるようですが、もちろん今のアルミニウム製の一円玉ではありません。
一円玉の歴史は明治時代から始まっていて、当時はかなり価値が高かったとされます。
まだ銭が通貨単位としてある頃で一円札などもありました。
古銭買取の対象となる一円玉は明治時代に発行された一円銀貨で、その名の通り銀が含まれたタイプになります。
金に比べると大きく価値は下がりますがそれでも相当の価値と言えるでしょう。
古銭買取業者によっては一円銀貨を数万円ぐらいで買い取ってくれるところもあるようで、持っているなら大金に変えられるチェンスと言えます。
古銭買取業者に一円銀貨を持っていくときの注意として、それがいつ発行されたものが図柄がどうなっているかがあります。
実は一円銀貨にはいくつかの種類があり、銀の含有量が多いものが古銭買取での査定も高くなります。
その一方で銀の含有量が少ないものもありますし、銀がほとんど含まれていないものもあるようでそれだと価値は大幅に下がります。
ネットなどには各図柄の相場がわかるようになっているので、チェックしてから古銭買取してもらうと良いでしょう。

Page Top